Prologue

郡上決戦

第35回のジャパンカップ鮎全国大会はトーナメンターにとっては聖地ともいえる長良川郡上を舞台として開催される。

 当地での開催は1986年の第2回大会、2017年の第33回大会に続く3回目になる。数々の大会でドラマを生んできた聖地郡上だが、ジャパンカップに関してはまだ3回目だったのか、という印象を受ける。今大会の行方を今シーズンの郡上の様子と参加選手から考察してみる。

Game details

​予選リーグ 第1、第2試合

大会の流れを決めるといっても過言ではない緊張の序盤戦、名手は如何に長良川の状況を掴み取っていったのか。

​予選リーグ 第3、第4試合

各選手は自分のポジションが分かり辛い状況の中、集中を切らさずに徐々に釣り荒れてくる長良川を攻略することを要求される予選リーグ中盤戦。

​4試合目ともなれば体力的にもハードな中、翌日へ繋げる戦いを制したのは誰だ。

​予選リーグ 第5、第6試合

逃げ切りを図る者、逆転を図る者、選手の思惑も絡み合い、釣技に併せて駆け引きも重要なファクターとなってくる予選リーグ終盤戦。

​過酷な予選リーグを制した3選手の戦いを顧る。

決勝戦

Coming soon!

出場選手

大会エリア

map.jpg

Epilogue

サンプル画像

 
 
 
 
 
 
 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now